My Fairy Kingdom

アクセスカウンタ

zoom RSS Seven Seas of Rhye (輝ける七つの海)

<<   作成日時 : 2008/02/16 12:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

日本語にすれば「ライの七つの海」。
ピアノがフィーチャーされたフレディの作品。
「輝ける七つの海」という邦題はとてもいいネーミングであると思う。

初期の頃、よく話題になっていたが一体"Rhye"とは何なのか?
このタイトルだけから考えると国(または地域)の名前とも人名(または神?)ともとれる。
最終的には3rdアルバムではっきりするのだが、どうやら国の名前であるようだ。

この曲がこのアルバムを締めくくるのは、ある意味、映画でのエンドロール的な役割と考えられる。
前曲の持つ、力強くはあるが重苦しく悲しみを予感させるムードのまま終わってしまうと、あまりにもこのアルバムの印象が暗くなってしまう。
収録曲のほとんどが、攻撃的または実験的な曲であるため、どれをラストにもってきても偏った印象が残りかねない。
それならば、ニュートラルで穏やかなムードの曲をラストに、と、この曲が作られた(選ばれた?)のではないだろうか?

そう考えると、ボーカルのないinstrumentalであることも決して「未完成」であったわけではなく、意図的であるということになる。
このバージョンと"Queen II"のバージョンのアレンジの違い考えるとなおさらそんな印象は強くなる。

お馴染みのピアノのフレーズでスタート。
しかし、"II"バージョンよりも1オクターブ低く、音色もマイルド。
しかもテンポが少し遅い。
凪いだ地中海のような内海に朝日が昇るよう。

ベースの"ミーミッレシーラー"のフレーズを合図にイントロらしきパートが終わる。
続くメインパートはほぼ"D"一発。(時々"C on D")
ファイドアウトするまで冒頭のピアノのフレーズが繰り返される。
レファ#ラ/レソシ/レファ#ラ/レソシ/レファ#ララ
まるで夢物語の世界から抜け出す合図のように。
1分10秒。
音が途切れると現実の世界へ戻ってゆく。
妖精もドラゴンもいない世界へ。

次回はいよいよ「Queen II」へ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
”QUEEN”完結、お疲れ様です。

今度BGMに”Seven Seas Of Rhye”をと考えてます。2分少々しか流れないので、バッチリかなと。。。

”QueenU”を楽しみにしております(^^)v




KENONE
2008/02/16 17:21
あれーっ、またプロフ写真替わってますね。
えらく手が込んでるじゃないですか。
地道にQueenの草の根運動、がんばりましょうね。
lifeisreal
2008/02/16 18:51
lifeisrealさん、こんにちは!
KENONEさんは別名オッチャンと呼ばれて写真がころころ変わるのがオッチャン流で楽しい方ですよ。
流れ星
2008/02/17 13:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
Seven Seas of Rhye (輝ける七つの海) My Fairy Kingdom/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる